FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ドローリーフテーブル

2018/06/30 Sat 19:51


w930(310+310)d920h785
¥80000


修理の完了したテーブルのアップをすっかり忘れていたので、

汚い倉庫を片付けて?というより撮るスペースが無いので

汗だくで片付けて、何とか撮りました。

毎日熱いですね。

塗り直したのは天板のみで、木部修理はしっかりとやりました。

IMGP4079.jpg

メロンカップと呼ばれるこの特徴的な脚は、ジャコビアン様式で1600年代には

すでにあったデザインですが、男性的なその意匠は現代でもリプロダクションの

家具等につかわれるモチーフの一つです。

この家具は1930年頃のものですが、元になったデザインを、機械加工で

作られたものと思われます。

マスタースレイブ式という機械加工で、一つの出来上がった彫刻を、職工さんが

なぞると、隣の機械達が同じ様に加工するというものです。

これを聞くととてもハイテクな感じがしますが、超アナログな機械です。

多数のアームがリンクして連動するので、機械としてはとても美しいと

個人的には思います。


明日は大江戸骨董市。

こちらも持って行く予定です。

よろしくお願い致します。



アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
当面の間、休店いたします。
お問い合わせ・ご注文・修理・買い取りの件は以前と変わらず行っております。
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ


家具 | コメント(0) | トラックバック(0)
IMGP4101.jpg
w1500 d530 h1070  (mm)
¥120000

フランスの大理石天板のサイドボードです。

収納の底板は新建材(メラミン材?)が使われ直されています。

推測するに底板が抜けたのではないかと思います。

収納の底板には、薄い無垢材を使う事が多く、重いものを収納すると、

底が抜ける事がよく有ります。

抜けなくても、割れている事が多いですね。

でも、普段使いするならこの方が良いのかな?

IMGP4108.jpg

天板は輸入時に割れてしまったので、国内で新調しています。

その時に乗っていたものに色が近い、ロッソマニャボスキを使用しています。

とってもお値段の高い大理石です。

大理石の値段に対して、この価格。

分かる人には分かるお値打ち品です。


アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
当面の間、休店いたします。
お問い合わせ、ご注文・修理・買い取りの件は以前と変わらず行っております。
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ





家具 | コメント(0) | トラックバック(0)

スペインのソファ

2018/05/30 Wed 09:03



久しぶりの家具のご紹介です。

スペインのソファ、そのアームです。

すばらしい彫刻に見とれてしまいます。

この彫刻に毎日手を置ける人は、一体どんな方なのでしょう?

詳細は後日、ホームページで御紹介したいと思います。



アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
当面の間、休店いたします。
お問い合わせ、ご注文、修理の件は以前と変わらず行っております。
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
家具 | コメント(0) | トラックバック(0)

今月は骨董市と蚤の市

2018/05/06 Sun 11:01



今月は久しぶりに22日大江戸骨董市へ出店予定です。

翌週は東京蚤の市。

忙しい5月になりそうです。

いろいろ準備中ですが、季節変わり目です。

体調管理はしっかりしたいところです。


アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
当面の間、休店いたします。
お問い合わせ、ご注文、修理の件は以前と変わらず行っております。
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

天板の塗装

2018/04/02 Mon 16:39



オークの突き板天板を塗り直しています。

テーブルは1930年頃のものです。

染色してシェラックを塗っている所を写真に撮ってみました。

所謂、フレンチポリッシュという塗装です。

元はクリアラッカーが塗ってあり、変な仕上がりだったので、

商品化に際し、アンティークらしく生地出しからやり直しました。

ヒノキの花粉で作業がはかどりません。例年の5倍だそうです。

今月中にはホームページにアップしたい所です。




アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
TEL:0422-72-2188





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ




修理 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。