FC2ブログ
急に寒くなってきました。

歯を食いしばるような寒さと風にはマイリマス。

だからと言うわけでもないですがココで出さないといけないと急に思い立ち。

アンティーク・ストーブ登場です。

アールヌーボー期のサラマンダー。

フランス製です。

ピンクというのもおしゃれですね。

鉄製のストーブにホーローがひいてあります。

ホーローの歴史は古く七宝焼きやエナメル絵付けなんかもその部類ですね。

ガラス質のコーティングがされているので食器などにも使われます。



このストーブ機能はしっかりしていますのでまだまだ使えます。


w610d445h730
\280000
 
BLOG0420.jpg

火の量が調整するときこの上の蓋を開けて調整します。
調整ダクトになります。
BLOG0421.jpg

もちろん正面も開きます。
ちなみにこのタイプは薪ではなくコークスと言うものを使います。
最近は街中で燃料を買うのも一苦労のようですがホームセンターなどでも取り扱っています。
なければお米屋さんなどで聞いてみるといいかもしれません。
一昔前は練炭や灯油なんかは米屋で買えました。
BLOG0422.jpg

足元の写真です。どこも隙なくデザインされています。
BLOG0423.jpg

BLOG0424.jpg

背面の写真です。
BLOG0425.jpg

煙突取り付け口は少しせり出してます。
BLOG0426.jpg

追記:雲母の状態です。一部破れが有ります。
BLOG0690.jpg

BLOG0691.jpg


道具類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示