つまりは和家具の修理

2017/05/18 Thu 18:19

IMGP2912.jpg

先日、ある家具の修理をしました。

見積もりを取るために先方に伺い詳細を伺いましたが、形はヨーロッパの其れですが、

中身は和家具というものでした。

全体の生地調整と、立て付けを直しました。

何度か塗り重ねているようで、塗りが下手なのか、全体的に塗料が垂れています。

サンディングして磨く事にしました。

本体もあらゆる所が釘で止まっており、其れが錆びて膨らんで抜けない。。。

鏡のついたドレッシングチェストでしたが、鏡も曇ってしまい作り直す事に。

鏡を外すと、裏面から古新聞がでてきます。

これはお決まりですが、湿気取りなのか、隙間を埋めるためなのか?

必ず新聞と決まっていますね。

その新聞を見てびっくり。



明治35年!

115年前のものです。

あと2年で日露戦争に突入という年です。

本体の引き出しを抜いて中をのぞくと、当時の職人が書いたであろうスケッチが裏板に。

この家具はヨーロッパの家具の模倣をしていますが、厳然と和家具。和ダンスの其れです。

試行錯誤をしていた職人の努力が見て取れます。

ロシアに勝利し、列強の一員になった日本はその後、苦しい時代に突入して行きますが、

洋を取り込む懐を持っていました。

家具の修理ごときで大げさですが、なにくそ!と職人が言っているようです。

しかし実際、手がかりの無いところで此れを作るって凄いなと思いました。




アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info*kumuto.jp
(アドレスの*を@に変えて送信してください)
毎週日曜日営業 13:00〜17:00
TEL:0422-72-2188(不在のこともありますので、ご確認ください。)
駐車場一台分あります。
詳しいMAPはH.Pのアクセスをご覧下さい。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

修理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示