テーブルの修理

2016/02/23 Tue 18:07



いつもお世話になっているお客様から、テーブルの「ささくれの修理」は出来ますか?と

この写真が送られてきました。

アンティークでは有りませんが、お手伝いする事に。

テールのサイズは1200mm×600mm程度の4人がけと

2人がけの600mm×600mmテーブルのテーブルです。

全部で6台との事でした。

昼間はお客が居るので、夜間お店が終わってからの作業です。

23時からです。キビシ〜〜!

駐車場入ったら、6時まで出れませんから。。。というおまけ付き。

お店の入っている最近の施設によっては、保守する人間も帰ってしまうようです。

人不足なんでしょうか?

さて、23時になりました。作業に取りかかる前に良く観察します。

前日見た時は、お客さんが食事していたので、詳しく見れなかった。

テーブルは回り縁を楢材?の無垢を貼っていて、中央はメラミン材のようです。

回り縁が「ささくれて」お客さんが怪我をするとの事でしたが、思っていたより酷いですね。

出ている物とそうでない物が有りますが、これ、木裏を使っているんでしょうか?

手の触れる場所ですから、木(気)を使って?欲しいですが、

最近の大工は、気にしない人も多いみたいで悲しいです。

値段が安いので、そういう所を使ってしまうんでしょうね。

駄目な箇所を鉋で削って行きます。

手首を回して大きく面取りして、ささくれが無い所まで落とします。

最後はペーパーを番手を変えて仕上げて、クリア塗装をして完了です。。。

IMGP1513.jpg

結局、15卓処置しました。

夜の仕事は久々でしたが、ヤッパリ眠いです。

夜、仕事をしている人にはホントに頭が下がります。
















修理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示