FC2ブログ

フランス料理店

2014/05/24 Sat 17:16

IMGP0142.jpg

スパニッシュパネル・Pr

18世紀ごろ扉に使われていたようです。

とても重厚な趣があり見る人が見れば、というものですね。

近々ホームページにもアップしようと思います。

背景に映っている枯れたドアは私が以前、お手伝いしたフランス料理店のエントランスです。

こちらのドアは、フランスのとスペインの国境付近のものでしたが、

とても立派なアンティークのドアで、こちらも18世紀ごろのものでした。

教会かお城に使われていたのではないでしょうか?



先日、ドアの調子が悪いので見てほしいとの連絡を受け、一緒に撮らせてもらいました。

お店の名前は「ル・ヴェルデュリエ

東京の大田区鵜の木という場所で、もう14年もやっておられます。

打ちっぱなしコンクリートの、モダンなマンションを改装して2フロアで、

営業されています。

中もとてもモダンで14年経っているとは思えません。

木とガラスをうまく組み合わせてデザインされています。

デザインしたのは 「power」の新藤力さん。

ご存知の方もいるかもしれませんが、デザイン事務所・スーパーポテトで杉本先生の元、

無印の設計などをやられたかたです。

青山の一号店なんかそうですね。

MUJIの内装を見ると納得ですが、そんな人のデザインだからでしょう、

今でも全く古くない。

前からの知り合いなのですが、諸々コーディネートさせていただきました。

光学ガラス、ベルギーのエッチングガラスドア、フランスの建具

そしてイタリア製の椅子。

ほかにも私のコーディネートではありませんが富田文隆さんだったと思います。

特注の家具や立派なカウンターも、見受けられます。

そんな感じで内装はとっても贅沢な設えになっています。

インテリアが好きな方は、ちょっと興奮します。



でも内装が立派!それだけで、この不便な場所(ごめんねシェフ)にあるこの店が

14年も続くはずはなく、味も大変いいです。

オーナーシェフの小林さんは京都の出身で、京野菜を使ったメニューも季節によっては

味わえます。

お店の名前の「ル・ヴェルデュリエ」。何とも舌を噛みそうな名前だが、

ちゃんと意味があって、「ヴィネガーとハーブの管理人」という意味だそうです。

京都菊の井の、村田先生ともお知り合いで、先生がフランスへフランス料理を勉強に?

というのは有名な話だが、そのとき彼の地でいろいろお手伝いしていたのが、

こちらのシェフ小林さんとのことです。

たまに村田先生もお見えになるそうで、私も一度こちらでご挨拶したことがありました。

名刺もらっちゃった。きゃ!

又おいしいもの、食べにいきたいですね〜。



アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
金曜・土曜のみOPEN
12:00〜18:00
TEL:0422-72-2188(休みのこともありますので、ご確認ください。)
駐車場一台分あります。
詳しいMAPはH.Pのアクセスをご覧下さい。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



 
修理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示