FC2ブログ

アールヌーボーの金具

2013/08/11 Sun 10:10



先日書いたアールヌーボーの家具の、摘みの修理をしました。

こんな感じでネジもねじ切れ、本体も切れてしまっています。

当初自分で手を付けてみようかとも思いましたが、後の祭りがとても怖いので、

いろいろな方に相談をすることにしました。

その顛末を書きます。

まず、腕の立つ家具修復士の意見を伺うと、こりゃー手に負えないと、一蹴されてしまいました。

家具修理といえば、金具やガラスにも精通いていないといけませんが、

これは、その域を超えた修復になるとのこと。

家具屋が駄目なら、美術品修復家に。

知り合いの伝を頼って、マイセンなどを修復している方に相談しましたが、材料がないから

これも難しい。

結局、宝飾品の修理などをする方に依頼することに決めました。



品物は真鍮の薄板なので、バーナーを当てると蒸発してしまうかもしれないとのこと。

蝋は?ときいたところ、真鍮に真鍮は付かないといわれてしまいました。

当初は無垢財を削りだして、切れた部分を再生しようかと思いましたが、

オリジナルではなくなってしまう。

つまみは、ボタン加工のようなつくりをしていて、ボタン屋などにも当初聞きましたが、

新しいものを買ったほうがいいといわれて、話がかみ合いませんでした。

高級ボタンは歩けど、修理するという概念は無いようです。


BLOG1535.jpg



ボタン河口の部分を開けた時に、数箇所で材が切れて(戻してありますが)

若干手に当たる感覚がありますが、また多少歪みは残りますが、取り付けて違和感のないレベルまで。


小さい修復も道具が有れば手を出してみたい領域です。




アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
金曜・土曜のみOPEN
12:00~18:00
TEL:0422-72-2188(休みのこともありますので、ご確認ください。)
駐車場一台分あります。
詳しいMAPはH.Pのアクセスをご覧下さい。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



 







修理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示