FC2ブログ

教会のドアー4 最終回

2011/06/01 Wed 14:59

さて、教会の扉の修理の最終回です。

BLOG01132.jpg

フランス落とし。古すぎて、サビが酷く、動かないし、曲がってるし、直すのはやめにしました。

上下についていましたが、無いものもあるので、刷新することに。

実際の使い方をヒアリングすると、固定できるようにしたいということで、

イギリスから新に取り寄せることにしました。

BLOG01128.jpg
BLOG01127.jpg
BLOG01125.jpg

色々ありますが一番下のものに決定しました。

ドアの上部についていたものは破棄して、下に両扉の固定のため、2個つけることになりました。


BLOG01133.jpg

オリジナルで付いてきたフレームです。

今回これは使えないので、新たに作ることに。

石の建築にくっついていたので、ボロボロという事もあります。

フレームはドアと同じパイン材で作り、エージングを施してドアと合体させた時に

馴染むように処理しました。

BLOG01117.jpg
BLOG01120.jpg
BLOG01118.jpg

フレーム同士は釘で固定?されてます。

一応ちゃんと組んで作られていたようで、面白いです。

石が乗っかってしっかりするような感じなんでしょうか?

アーチの石組みは、自重でもってしっかり固定されるつくりになりますが、どんな教会だったのか。

みて見たかったですね。

なんだかんだで1月近くかかりましたが何とか仕上げて、現場に引渡しました。

ビルのクレーンで外から33Fまで吊り上げたらしいです。凄い!!


BLOG01129.jpg

ガラス越しの写真になりますが、しっとりした色に落ち着きました。自画自賛です!

飾り金物もどうでしょう。ほとんどオリジナルと遜色有りませんね。

まあ環境がいいと、良く見えるものです。

マンション共用部のBARなので、一般の方は見ることが出来ないのが残念です。

ブリリア・マーレ有明 BAR 「THE33」

天空の贅沢な空間です。








東北大震災に際し、売り上げ一部を寄付する形でSALEを行ってます。

KUMUTOで扱う商品です。

一律 50%OFF として、売り上げの一部をと考えています。

6月末まで行いますので、宜しくお願いいたします。






☆ お帰りの際も、是非押していって押していってくださいまし!☆

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



 

















修理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示