FC2ブログ

太陽発電

2011/03/01 Tue 21:01

ここの所忙しく、中々アップでしていません。

コンスタントに忙しいと良いのですが、中々そういうわけにいきません。

今月は忙しいけど、来月暇。何てざらです。。。



さて、皆さんは太陽発電というと何を思い浮かべますか?

家庭の屋根に載せる太陽光発電が一般的ですね。

太陽電池というやつで、三洋電機を筆頭にパナソニック、京セラ、シャープなどが有名です。

ただ曇ると、又雨が降ると全く役に立ちません。

これ以外に、太陽熱発電というのがあります。

降水量の少ない土地で有効らしいですが、この原始的なシステムが見直されてます。

多数のミラーで集めた光を一点に集めて、熱からタービンを回して発電するというものです。

このミラーの技術も日本はすごいらしいです。

日本の技術はこの辺でも抜きに出ているようですが、この前面白い物を見ましたので

ご紹介したいと思います。

「 ルナリング 」

清水建設が提唱しているもので、H.Pでも見れますのでご興味のある方はどうぞ。

簡単に言うと、月面にベルト上に太陽電池を太陽光を最大限受け止められる様に

設置して、それを地上の数箇所に送電するというものです。

月を見上げるとウサギは餅をついてません。

月は帯をしています。

まあこれが良いかどうかは、私には分かりませんが、そういう問題も起こるでしょうね。



この話の前段で、衛星軌道上に発電装置を設置する計画があるらしいですが、

これは結構簡単みたいです。

やはり発電したものを、マイクロウエーブやレーザーで送電するシステムですが、

デブリの事を考えると(ゴミのこと)、月面の方がやっぱり良いんでしょうね。

民主党の馬渕さんが少し前にTVで言ってましたが、こういう人もいるんだ!?

と少し感心したもんですが。

原発作るよりよっぽど良いと思いますけどね。

「コウノトリ」も立派に仕事して仕事してくれたみたいですし、ロボット技術に限らず、

ほんとに日本の技術者はすごいと思います。


アンティークとは関係ない話でした。



☆ お帰りの際も、是非押していって押していってくださいまし!☆

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



 




日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示