FC2ブログ
BLOG00926.jpg
w410d410h1515
¥88000

床置き照明は前回に続き2回目。

イギリス製です。

BLOG00927.jpg

前回同様、スイッチはイタリアのフットスイッチつき。

シェードは付けていません。

BLOG00928.jpg

中々立派な挽き物です。

BLOG00929.jpg

挽き物はその名の通り、ロクロで木材を回転させて、加工していくものです。

よい仕事をされる職人さんの数は、本当に少なくなってきているようです。

高齢から辞めてしまう方も。

家具を作るときに(アンティークの仕上げで作ってます)デザイン上、挽き物を入れることが多いですが、

毎回、電話で未だやってる?という電話を入れるのです。

安心して仕事が出来にくくなってます。

細いものなどは、機械でも出来るので、職人のデバンが少なくなってきているのも事実。

でもテーブルの脚などはとても太く、機械ではムリなデザインも多いです。

イギリスではメロンカップなどといいますが、大きいテーブルの脚に大きいコブのような

物を見たことがあると思いますが、あれは機械では作れません。

たまに挽き物が割れた、折れたとかで修理することがありますが、元の強度を出せないので一本

丸々挽きなおす事がありますが、いつまでお願いできることやら。。。



人気ブログランキングへ
↑わたしが!という人も

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
↑たまにTVで見ますがそんなに?という人も


住まいるブログランキング 住まいの総<br />合情報サイト
 
↑ヨーロッパって感じでグー!という人も
ポチ!っとして頂けたら夏ばても吹っ飛びます!







灯り | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示