仕上げ

2013/07/19 Fri 21:37



久しぶりに金物仕上げのお仕事。

これをアンティークにしたいとの依頼です。

ベースはオイルランタン。

これも電気に改造。

まず、電装する前に、クリアがかかった本体の塗装を落とす。

何でクリアなんか塗装する?馬鹿者。

バフで取ろうと思ったが、形が複雑でガラスも外せないので、

メッキ屋さんで、酸付け。

どぶ付け。

生地は真鍮だったので、真鍮メッキ屋さんへ持って行き、

古色仕上げする。

昔はムトウハップなんかで自分でやったが、最近は警察がうるさいらしい。

どぶ付けは簡単だけど、アンティークとは程遠い仕上げになる。

写真撮り忘れた。見ればなんだこりゃ?となる。

メッキ屋の良い液に、いいタイミングであたればいいけど、

今回は待ってる時間も無かったので、真っ黒クロスケで仕上げてもらった。

それでもやはりのっぺり。

これを工場へ持ち帰って、手作業でエージング。

グラデーションを出す。そういうつもりで。

その後、ブレンドした古色液を筆とタンポで本体へ乗せていく。

定着するまで時間がかかるので、数日ほったらかした後、

サンディングして、さらに乗せていく。

煤付けしようかと思ったけど、真っ黒いクロスケがここでいい感じ。

なので、それはキャンセル。

生地を出す手前まで研磨しながら、着地を探る。



明日は告知どおり、都合によりお休みとさせていただきます。





BLOG1529.jpg

BLOG1530.jpg


アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
金曜・土曜のみOPEN※20日(土)は都合によりお休みです。
12:00~18:00
TEL:0422-72-2188(休みのこともありますので、ご確認ください。)
駐車場一台分あります。
詳しいMAPはH.Pのアクセスをご覧下さい。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



 














修理 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »