カーボンナノチューブ

2012/02/25 Sat 21:38

大林組と言う建築会社が軌道エレベータを2050年までに

作ると言う計画を発表しました。

こういうの好きなんです。

簡単に言うと、衛星の高度からヒモを垂らして、地上につなぐと言う感じでしょうか?

軌道上のターミナルまで7.5日もかかるそうですが、訓練を受けてない人となると、

こんなもんでしょうか?

宇宙旅行はさておき、今夏の電力不足の事もあります。早く作って発電設備を

宇宙に作って欲しいものです。

昨日は産油国のクエートで脱原発に決定したニュースが流れていました。

自然とそういう流れになると思います。

今ある原発の廃棄物とか、太陽に向かって投棄できないもんでしょうか?

軌道エレベータはそんなことにも使えるともいます。

昨年は日本ゼオンと言う会社が、いままで高価だった紐に当たるカーボンナノチューブを

安価に製造することができるとニュースを見ました。

技術は日進月歩。

量子型太陽電池の量産も待ち遠しい。

知恵も技術もあるけど勇気がない。

そんな風に見えてしまう?





日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »