ワインボトルのバスケット

2011/09/18 Sun 09:44

BLOG1180

590w600h

ワインボトルの入っていたアイアンのバスケットです。

サイズを見ればその大きさが分かります。

これにガラスのボトルが入ってワインが入って、籐が巻かれます。

籐はガラスとバスケットを一体にして巻かれ、緩衝材として機能します。

だけど、持ち上がるんでしょうか?腰を痛めそうですね。


BLOG1181
¥12000

ちょっと大きさを比較するために椅子を並べてみました。

古い本など見ると、樽に混ざってこれを馬車に積んだりしている挿絵など

見ることができます。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



 

ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
アンティークという言葉は、ワインのビンテージ用語の一種から来ている。というのをつい最近知った。

先日、実家の屋根裏からワインやらウィスキーやら出てきた。

ワインは良く分からないので、近所の酒屋で聞いてみたが、、、

出てきたワインはこれ。



I.L.RUFFINO 作り手?

TOSCANO WHITE WINE。

WHITE?白?

この手のワインは赤が相場らしい。白って?

サントリーが取り扱っていたようだけど、1971年。

40年前です。

BLOG01135.jpg

すっかり酢になってるかと思っていたが、あけてみる。

うーん。

シェリー酒のような匂い。

味は、、、ない。

ウン、、、無い。

無い。

香りはシェリー。シェリーだ。

紹興酒?

なんだかクエスチョンマークが頭の上に出たり消えたり。

明日は冷やして飲んでみる。

TOSCANO WHITE WINE 1971

でもやっぱりシェリー酒だよな?



☆ お帰りの際も、是非押していって押していってくださいまし!☆

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



 




ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)

アンティークの蛇口

2010/12/29 Wed 21:16

BLOG0304.jpg
w90d190h135
¥15000

今年も残すところ2日となりました。

牛のように寝転がっているのは、ワイン用の蛇口です。

新年早々飲みすぎには注意しましょうと、写真を見ながら思うのでありました。

心にも蛇口を!



☆ お帰りの際も、是非押していって押していってくださいまし!☆

人気ブログランキングへ
アンティーク37位→36位!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
アンティーク52位→54位!


 
インテリア6位→10位!


ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)

ワイン用大きいボトル

2010/11/30 Tue 10:34

BLOG00795.jpg
Φ320h500
¥28000


アンティークのボトル。

昔のままのコルクが残っています。

開けると匂いは、、、、しませんね。



古い樽を以前イギリスから取り寄せた際も、何が入っていたか分からず匂いをかいで確かめたものですが、

樽には結構残り香があります。

モルトウイスキー用のシェリーが入っていた樽などもありましたが、シェーリーの残り香は結構強烈でした。

水洗いしたくらいでは取れないのを覚えています。



さて、このアンバー色の大ボトルは珍しいですが、ワインかどうかも怪しいかもしれません。

以前も日本酒が入っていたと思ったボトルが、薬品用と聞いてびっくりしたばかりです。




人気ブログランキングへ
アンティーク26位→26位!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
アンティーク47位→44位up!


 
インテリア10位→8位up!




ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)

ワインの樽に

2010/11/29 Mon 13:05

BLOG01006.jpg
w290L460
¥12000

ワインの樽に穴を開ける道具と聞きました。

フランス製です。

サイズを見るとワインオープナーでないと分かってもらえると思います。

BLOG01007.jpg

BLOG01008.jpg

先日もボージョレーヌーボーをいだきました。少し飲みすぎです!



人気ブログランキングへ
アンティーク28位→26位up!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
アンティーク39位→47位down!


 
インテリア10位→10位




ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »