キリストのレリーフの額装

2018/02/12 Mon 12:38


w163mm h211mm t25mm
¥32000

以前紹介したマリアの物のキリストのバージョンです。

大きさもほぼ一緒なので、これで対なのでしょうか?

少し良い額に額装してみました。

中身はフランスアンティークですが、額もアンティークとしたい所で、

数年掛けて探していましたが、中々良い物には巡り会わない物です。

思い切って知り合いの額縁屋さんへ相談した所、良い感じのものに出会いましたので、

思い切って作ってもらう事にした訳です。

イタリア製のもので、金箔とガッシュ?イタリアですから、ガッツォでしょうか。

絶妙にエージングされています。

竿の状態だったので、どの部分を使うか相談しながら作って頂きました。

竿一本が作品な感じです。(面白そうなので、今度私もやってみよう!)

内側の金は後付けですが、このパーツの有無が結構効いてます。


IMGP3867.jpg

作品自体に破断は無く、(以前のマリアは一部穴があいておりました)

パーフェクトな状態です。

立体的な美しいレリーフです。

※画像はクリックするとオリジナルの大きさになります。


アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
当面の間、休店いたします。
お問い合わせ、ご注文、修理の件は以前と変わらず行っております。
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

ディスプレイ | コメント(0) | トラックバック(0)

いろいろな照明

2018/01/20 Sat 17:41

先日紹介したアンティークの部品や、シェードを灯してみました。

ご覧下さい。



和紙が貼ってあった鉄のシェードです。

あえて何も貼らずに、灯してみましたが和物も良い物ですね。


IMGP3840.jpg

瓔珞の付いた照明部品です。元はブラケットのパーツでしたが、

独立したペンダント照明にしてみました。

このくらいシンプルな物だと好感が持てるのですが、、、


IMGP3830.jpg

和紙の貼ってある鉄製のシェードを、ペンダントにしてみました。

どのように使われていたかは不明ですが、

フランクロイドライトのような感じも?

和紙は延焼防止剤を塗ってあります。


明日は大江戸骨董市へ。

有楽町よりのブースでお待ちしております。

もちろん、この品物達も持って行きます。

よろしくどうぞ。


アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
当面の間、休店いたします。
お問い合わせ、ご注文、修理の件は以前と変わらず行っております。
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ





灯り | コメント(0) | トラックバック(0)


当店で扱う小さいペンダント照明のシェードを何点か実験的に仕入れました。

左から 日本製の和紙シェード
これは薄い鉄のフレームに和紙が貼ってあります。延焼防止材などを吹き付けて見たいと思います。

上のガラスの付いた物
フランスのものです。瓔珞付きはあまり好きでは無いのですが、出来るだけあっさりしたもの。
中々綺麗です。

下の二枚
これもフランスのもの。裏表にしています。
凝った意匠が目を引きます。
受け側には緑色の蝋が残っています。

IMGP3817.jpg

取り付けは来年、早々にはホームページでご紹介したいと思います。

皆様、良いお年を。


アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
当面の間、休店いたします。
お問い合わせ、ご注文、修理の件は以前と変わらず行っております。
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ




灯り | コメント(0) | トラックバック(0)
大分以前に作ったガラスシェードを、照明化する事にしました。

アンティークとは関係ない行程の話です。

長いのですが、興味のある方はご覧下さい。


IMGP3795.jpg
シェードです。w450ほどある大きな竿吹きのシェードですが、もちろん照明用に作ったのですが、
作ってくれたガラス屋さんは廃業してしまったので、宙ぶらりんのままでした。
これっきりのプロダクトとして、照明化しようと思います。




IMGP3797.jpg
ひっくり返すとこんな口が開いています。
ここへ、電球が付く灯具を、なんとか付けなくては行けません。




IMGP3813.jpg
とりあえず、図面を描きます。
3本足の手裏剣のような物を折り曲げて、中に仕込む事にしました。
というか、これしか思いつかない。。。
重さのあるシェードなので、強度も考えます。



IMGP3798.jpg
中に入れる手裏剣の、モックアップをベニアで作ります。




IMGP3800.jpg
ガラスに沿う様に端部を折り曲げる様に。
角度は30度の設定で、問題ない様です。



IMGP3799.jpg
ガラスに当ててみます。
こんな感じで、付けば良いなと思っています。



IMGP3801.jpg
ガラスと直接金属が当たるのはよろしくないので、吸盤を使ってみます。
この形の吸盤をネットでも探しましたが、結局東急ハンズに売っておりました。
さずが!ハンズ!




概要を図面付きで機械加工屋さんへ持ち込みます。
半月ほどして、未塗装品が出来上がり、微調整。
ここで失敗した事に後で気がつきます。。。。



IMGP3802.jpg
メッキがかかって出来上がった手裏剣くん。
綺麗です。
吸盤も付けてみました。




IMGP3804.jpg
早速、ガラスとドッキング。
吸盤がしっかりと付いて、落ちてくる気配がありません。
すばらしい!これは成功か?




IMGP3805.jpg
これが上蓋です。手裏剣の上にくる部材です。早速取り付けてみます。





IMGP3807.jpg
取り付けてみました。
袋ネジ3点で固定しますが、設定が微妙なので、袋ネジの頭を抜き、貫通させています。
と、ここで問題発生。




IMGP3809.jpg
適当に考えていた、上蓋との擦り合わせが巧く行かず、こんなに隙間が空いてしまう事に。
コードもそうですが、ナットも干渉するくらいスペースが無く、当たってしまうため、
こんな隙間が空いてしまいました。
これは、何とか考えなくては行けません。




IMGP3810.jpg
フリンジカバーも出来上がり。
ワイヤーを繋げてみます。



IMGP3811.jpg
巧く行っている様です。
大変時間がかかりましたが、まだまだ修正が必要な様です。
あと、ガラスが不定形な事もあり、金具は水平にならず。
絵に描いたようには行きませんね。




アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
当面の間、休店いたします。
お問い合わせ、ご注文、修理の件は以前と変わらず行っております。
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ


























灯り | コメント(0) | トラックバック(0)

アールデコのベッドヘッド

2017/11/27 Mon 11:48


w1520d60h1400  (mm)
¥140000


昨日は大江戸骨董市へ出店してきました。

今週末にも出店予定です。

ビクターのフラッグが目印です。

よろしければお出かけください。

さて、写真はアールデコ期のベッドヘッド&エンドです。
(写真はヘッドのみ、ホームページへ掲載中です)

縦の部材が無いので、パネルとしての販売です。

イギリスのものも同時期のものはあっさりしてますが、

フランス物のこちらも、とてもすっきりしています。



アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
当面の間、休店いたします。
お問い合わせ、ご注文、修理の件は以前と変わらず行っております。
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ





家具 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »