FC2ブログ

アンティーク照明の修理

2020/12/25 Fri 12:26

名称未設定

アンティークの修理をやらせていただきました。
当初、シャンデリアというとでしたが、行ってみるとこれもこれもと結局7点ほどまとめて、
この際だからお願いしますということで、修理させていただきました。

購入されたのはバブルの頃だということで、30年以上前のコードやスイッチ。
痛みも激しく、乱暴な結線もあり、切れかかっているものもあったので、全てやり直しです。
コードはツイストコードという、布のコードを捩ったもの(よじったもの)を使います。
昔はイギリスのコードを使っていましたが、細いコードなので、
電圧の低い日本では発熱して、危険なので新たに日本の規格にあったコードを使います。
写真のような照明で大きいW数の電球を使うことはないので、器具と相談しながらその辺は決めていきますが、
最近はいろいろなところで作られていますから、それを使っています。
ただちょっと問題がありまして、、、、この日本製のコード、全てが太いんですね。
かっこ悪いし、何より器具内配線するときに穴が小さいと、通せない問い難点があります。
穴を広げて通せればいいですが、そういかない品物も中にはあります。

器具内を通すコードは、Gゲルを昔は使っていましたが、最近は ビーメックス線がもっぱらです。
ビーメックス線はポリエチレンが皮膜になった電線ですが、コシがあって器具内配線は適しています。
Gゲル線は、シリコンとガラス繊維でコシを出していましたが、少々べたつくので、嫌がる人はいますね。

とにかく、綺麗になって修理完了です。
日々、こうやっ良いものは受け継がれていきます。


アンティークショップ KUMUTO
骨董・美術品なんでも高価買取致します。
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ





修理 | コメント(0) | トラックバック(0)

猫マークの「UCCELLO」照明

2020/12/18 Fri 15:08



ソケットがボロボロの照明の修理をしました。
3〜40年もするとプラスチックのソケットはこんな感じになり、大変危険です。
実際、点灯しなくなるという症状だったので、内部も劣化しているのだと思います。
陶器のソケットにして、LED電球でも使えば、長持ちしますね。

照明の修理もやっていますので、お困りの方はご相談ください。

PC114829.jpg
PC114832.jpg

ウッチェロというフランスの照明です。
アンティークとは言えませんが、人気があります。




アンティークショップ KUMUTO
骨董・美術品なんでも高価買取致します。
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



灯り | コメント(0) | トラックバック(0)
うちでは買取も行っていますが、広告も出さないのに、よくお声がけいただきます。
コロナの影響で、家にいることが多くなり、みなさんお家の整理をされているのでしょうか?
知り合いのアンティーク屋など、売るものがなくなってしまったと言っておりました。
なるべく良い環境に整えたいということなんですね。

先日も私が前勤めていた、アイビーアンティークがあった墨田区は吾妻橋近くまで買取の話で行ってきました。
お話はまとまりませんでしたが、車を流していると、「ここにうまい定食屋があったんだよなー」などと、
独り言が入ります。
吾妻橋駅近くに「吉田屋」という飯屋がありまして、もうだいぶ前になくなってしまったそうです。
私はこの店の前を通って会社に向かうのですが、毎朝出汁を取るいい匂いがして、、、
昼は週1〜2くらいで通ってました。
ここは飯も旨く、それと味噌汁でもうご馳走でした。
納豆と魚と、煮物の小鉢をもらって1000円くらいで済んだかな?
20年くらい前ですから、ちょっと贅沢です。
昼から飲んでる人もいましたが、夜にも入ってみたかった。

親父が腰の曲がったお母さんをよく怒鳴っていたので、そんなに怒らなくてもと思ったものですが。。。
でも何を食べても美味しい、雰囲気最高の昔ながらの本物の定食屋だった様な気がします。
店構えを見ただけで腹が減る。
ご覧の方で、ここはいいよというお店があったら、ぜひ教えてください!



アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

シェードの吊り方

2020/11/27 Fri 21:14



イギリス製のシェードですが、おそらく上向きのものと思われます。
3点どめのギャラリーが、かかる部分がとても浅い作りだからです。

PA274418.jpeg

このような向きで使われていたと、想像できます。
これを吊り照明とするには、以下のようなやり方になります。

CCF20201127-2.jpg

シェードの外側と内側に、サイズの違うギャラリーを取り付け、E17のソケットのネジで
締め上げるというやり方です。

CCF20201127-3.jpg

内側もギャラリーなので、3点のネジ穴跡があるパーツになるのと、
ガラスの上の部分に、金具の影ができてしまうというのが、難点ではあります。

CCF20201127.jpg

外側に付くギャラリーの3点ネジは飾りとして、残してあります。
このネジは効いていません。
位置も、ガラスの係りに掛かっていませんが、しっかりと固定されています。


アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ




修理 | コメント(0) | トラックバック(0)

シェル型ブックエンド

2020/11/21 Sat 09:12

PB104593.jpeg
PB104594.jpeg

シェル型のブックエンドです。
実用的なものではなく、飾りになります。
真鍮の無垢材です。
そのまま飾っても面白いものですが、ライトにしてみたらどうかと思い、
裏にLEDをつけてみました。
夜はいい雰囲気が出そうです。

PB104596.jpg


アンティークショップ KUMUTO
東京都稲城市矢野口480-1
E-mail info※kumuto.jp
(アドレスの※を@に変えて送信してください)
TEL:0422-72-2188




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ



ディスプレイ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »